最近CloudFlareのサービス(R2やTurnstileなど)にハマっています

雑記・愚痴
スポンサーリンク

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。草井真良です。
前回の記事で触れたように、私は今年から生活環境が激変するので、今まで通りX(旧Twitter)やブログ、動画の更新ができなくなるかもしれませんが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

はじめに

それで新年から私は何をしていたのかと言われたら、ネットに携わる人間の間では有名なCloudFlareさんのサービスを利用して色々と遊んでおりました。

コネクティビティクラウドによる接続と保護
場所を問わず従業員、アプリケーション、ネットワークの速度と安全性を高め、簡略化とコスト削減を実現しましょう。

私は今までここのサービスについて、ブログのアクセスを早くしたり、DDoSを受けた際のサーバの負荷を軽くしたりする用途にだけ使っていましたが、他にもサービスを提供していると知り、年末年始から今までここのサービスを使って遊んでいました。
利用して遊んでいたサービスを紹介します。

スポンサーリンク

Cloudflare Turnstile

GoogleさんのReCaptchaや、Intuition MachinesさんのhCaptcha認証よりも手軽で扱いやすい認証画面を作るツールです。

Cloudflare Turnstile - CAPTCHAに代わる無料の認証手段
Cloudflare Turnstileは、CAPTCHAに代わる無料認証手段で、ウェブ訪問者がCAPTCHAのない快適なユーザー体験を可能にします。

認証画面について少しでも触れた事のある人なら分かると思うんですが、セキュリティが頑強な所の認証は本当に面倒くさいです。
認証に失敗してまた認証し直しとなったらなおさらです。

でもこれは自動でBotのような怪しいアクセス元かそうでないかを判別して、手軽に認証を与えてくれる便利なツールです。
もっと早くに知っておけば良かったです。

スポンサーリンク

CloudFlare R2

これはオブジェクトストレージと呼ばれる、階層構造を持たず、安価に大容量のファイルを保管しやすい仕組みのサーバです。

Cloudflare R2 | エグレス料金ゼロのオブジェクトストレージ
Cloudflare R2とS3互換のオブジェクトストレージを使用して、自由自在なマルチクラウドアーキテクチャを簡単に構築することできます。

詳しい解説は他の人やページもお譲りしますが、オブジェクトストレージというのはサーバを使うという仕組み上、契約した時点で料金が発生します。

ですがこのR2は1月に10GBずつまで、アップロードしたデータの扱いが無料という、極めて太っ腹な仕組みとなっております(無料である条件は他に色々とありますが)

これを使えば簡単に大容量のアップローダや、NextCloudといったオンラインストレージで大きなファイルを保管する事が安価にできるようになります。
これももっと早くに知っておいてたら良かったですね…

最後に

CloudFlareのサービスは他にもあって、ほぼ原価同然のドメインのレンタルや、Workersと呼ばれるアプリケーション開発支援ツールなどもあるので、まだまだ奥が深いサービスだと感じました。

Cloudflare Workers | サーバーレスアプリケーションを構築
Cloudflare Workersは、強力なサーバーレスアプリケーションを構築できます。優れたパフォーマンス、信頼性、拡張性をグローバルに実現しましょう。

もっと勉強して、面白い使い方をしてみたいです。
今の私ではまだまだ知識と技術が足りません。

こういう書籍を買った方がいいのかなとも思ったりします。どうなのでしょうか?

とりあえずお話はここまでにして、今年もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました